心の相談窓口 ジャイロメンタルサポート

  

  会社概要


社名
ジャイロメンタルサポート株式会社
設立
2008年5月
代表
肥 後 秀 樹
目的
法人向け・個人向けメンタルサポートを行い、一人一人に
焦点を合わせ、心の健康をきめ細かく支えることを目的と
しています。
住所
埼玉県所沢市南住吉22-30-201
TEL
04-2907-0789
e-mail
HP



挨拶

複雑な人間関係、ネット社会のスピードオーバー、健康、将来への不安の中で、 アイデンティティをもとめ、悩みを抱えている人がなんと多いことでしょう。
我々の身体は、気づかないうちにストレスに侵されています。
健康診断だけでは捉えられない部分が増えております。
ご存知の通り多くの体調不良は、心に原因があります。
心身の健康を取り戻すためには、心の健康を取り戻さなければなりません。
そこで一人一人の心に呼びかけサポートさせて頂くためジャイロメンタルサポート株式会社(GMS)を設立いたしました。
みなさまが外部の力に影響されにくい、ジャイロのような健康な心身バランス作りに協力していきたい所存です。

代表取締役 肥後秀樹

代表
肥 後 秀 樹

個人情報について
 
個人情報保護法に基づいて個人情報を扱い、守秘義務を守ります。    
臨床心理士について
 
本社では臨床心理士がカウンセラーとして活躍しております。
 
※ 臨床心理士とは
 
 臨床心理学の専門的な実践業務を行う者を「臨床心理士」と称し、 その専門職業人としての資格免許証が与えられます。終身許可ではなく、5年毎に査定更新制度が実施されています。 文部科学省の認可する財団法人日本臨床心理士資格認定協会の実施する試験に合格した者に交付されます。
臨床心理士と医師、教師との違い
 
 臨床心理士は医師や教師と同様、人に直接かかわり、その人に影響を与える専門職人です。 しかし臨床心理士は両者とは基本的な考えが異なるのです。
 医師はお薬や手術などを用いて、患者の病気を治す専門家です。つまり病気を取り除くことが目的です。
 そして、教師は教育目標に基づき読み書き、算数、人間のあるべき姿(道徳など)を子どもの学ぶ権利として教える義務を果たしていく専門家です。
 それに対し、臨床心理士は、あくまでもその人自身の個別な価値観を尊重しつつ、その人の自己実現においてお手伝いする専門家です。 ここで言う自己実現とは、今までの自分を認識し、理解し、受け入れ、そしてこれからの自分を築き上げることです。
臨床心理士の4つの専門業務
 
・臨床心理査定
・臨床心理面接
・臨床心理的地域援助
・前3項に関する調査・研究・発表
日本の臨床心理士が使用する療法
 
 アメリカ(法規上、臨床心理士も医師と同じく薬物の使用を認めています)とは異なって、 制度上日本の臨床心理士は薬剤の使用は一切行わず、言語的にかかわり”面接”を中心に、遊戯、描画、動作、催眠、集団など さまざまな心理療法により効果をもたらす専門行為です。
臨床心理士が活躍する場の例
医療現場:
心理査定・患者への心のケア・デーケア
教育現場:
学校(スクールカウンセラー)・教育センターにおける発達相談及び教育相談
地域援助:
保健所・児童相談所・女性センター(DV対策)
産業社会:
メンタルヘルス会社(会社又は個人ユーザーの需要に応じた柔軟・多様な対応)

Copyright(C) 2008 ジャイロメンタルサポート株式会社 All Rights Reserved.